番外編 コーミング工事/某カーフェリー (関西~九州)

東播BLASTのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

今回の工事はブラスト工事ではありませんが、普段あまり耳にしない珍しい お仕事をさせて頂きましたので 番外編として写真付きで紹介させて頂きますので、是非 ご覧ください。

 

■コーミング工事■

コーミング工事とは水の浸入を防ぐための 船ならではの工事です。

船のエンジンルームのコーミング工事ですので、まずは船に乗り込み 船が動いている時は待機  そして港に着岸している時のみの作業となります。

 

▷下地処理

フレームを溶接で取り付けるため、既存の防蝕塗膜をグラインダーで削り取ります。

 

▷溶接

下地金属面を露出させた部分にフレームを溶接します。

わかりにくですが 下部分の黒く細長い物がフレームです。

 

▷コーキング

溶接がつかない部分はパテやシリコンでコーキング(シール)します。

 

▷防蝕塗装

最後に防蝕塗装をして完了です。

 

船やエンジニア関連のお仕事をされている S工業さんのお仕事を 弊社の技術営業のTさんがコーミング作業の助手として お手伝いに行かせて頂きました。

S工業様 珍しく 面白みのある お仕事ありがとうございました、今後とも 宜しくお願い申し上げます。

 

▷担当者

技術営業兼コーミング作業助手  Tさん

 

 

 

【電話】担当:090-2592-7796 事務所:079-427-1220
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】8:00~17:00 (土・日・祝定休)
■ 協力業者募集中! 求人も掲載しておりますので、お気軽にご連絡ください。


一覧ページに戻る